www.nanisama.com
HOME > JPNIC  
  JPNICとは?

>> Go To JPNIC

JPNICは商用ISP (Internet Service Provider)や、学術組織などのネットワーク運用組織がメンバーとなって構成される団体で、(.jp)の管理を任されています。1997年3月より社団法人として認知されたJPNICはJP以下の第2、第3レベルドメインを発給する権限を持っています。

ドメイン名 該当組織
.ac
academic (学術組織)
.co
commercial (企業)
.go
government (政府機関)
.ad
administrator (JPNIC会員)
.ne
network service (ネットワーク運用組織)
.or
organization (法人格を持った団体)
.gr
group (法人格を持たない団体)
.ed
educational(保育所・幼稚園から高校など、18歳未満が対象の学校)
(各地域別のドメイン)

(.co)に関しては日本国に登記され、法人格がある株式会社・有限会社・合名会社・合資会社・相互会社・特殊会社・その他の会社および信用金庫・信用組合・外国会社(日本において登記を行っている会社)である必要があります。


< その他ドメイン名に関する基礎知識 >
  • 優先権は先願順です。
  • 1組織につき第2レベルドメイン以下のドメインは1つのみ発給されます。
  • 汎用JPドメインに関しては1つの組織から複数のドメインを申請する事が可能になります。
  • ドメイン名の売買は禁止されています。
  • ドメインの取得は有償です。(会員以外は2万円で、会員は5000円です)
  • ドメインは取得後、接続性が1年無いと失効になります。)

■IPアドレスの割り当て

IPアドレスの割り当て業務の上で一つの管理組織が全世界に存在するインターネットに接続したい組織に対してIPアドレスを与えるのは不可能に近いので、地域に設置されている地域IR(Regional Internet Registry)国別に設置されたローカルIP(Local Internet Registry)が実際の作業をします。

日本の場合は、ローカルIRであるJPNICが国内のIPアドレスの割り当てを行っております。
JPNICでは下記のアドレスを所有し、これを更に細分化して、JPNIC会員であるプロバイダーに委任しています。
更に、これらのプロバイダーが顧客にIPアドレスを割り当てます。


JPNIC管理のIPアドレス

133.0〜133.255
192.50.0〜192.50.255
192.218.0〜192.218.255
192.244.0〜192.244.255
202.11.0〜101.11.255
202.13.0〜202.13.255
202.15.0〜202.19.255
202.23.0〜202.23.255
202.32.0〜202.35.255
202.48.0〜202.48.255
202.208.0〜202.255.255
202.136.0〜203.141.255
203.178.0〜203.183.255
210.128.0〜210.159.255