www.nanisama.com
HOME > ドメインの仕組み  
  ドメインの仕組み

ドメイン名はドット(.)で区切った文字列で表した階層構造となっています。
右側から第一ドメイン、第二ドメインとなっています。右側に行く程大きな空間(ゾーン)になっていて、その階層数には制限はありません。
下記のヤフーの例の様にドメイン名から、組織の概要が掴めます。

(例)
www. yahoo. co. jp
| | | |__ __ 第一レベル・ドメイン (日本の)  InterNIC 管理
| | | ※別名トップ・レベル・ドメイン(Top Level Domein = TLD)
| | |
| | |___ __ __ 第二レベル・ドメイン (企業の) JPNIC 管理
| |
| |_______ ___ __ __ 第三レベル・ドメイン (ヤフーの) JPNIC 管理
|
|_____ ________ ___ __ __ 第四レベル・ドメイン (ホスト名・サブドメイン名)



● ドメイン名の階層構造

ドメイン名の階層構造

DNSのデータベースはほぼUNIXのデータベースの構造に似てるが、表記方法がDNSの場合ルート(.)が後にくる。(UNIXではルートである/からスタートする)

また、ドットとドットの間をノードと呼ぶ。
例えば、yahoo.co.jpというノードはcoとjpの両方のドメインに属するノードであると言えます。



● 各種トップレベルドメイン一覧

一般トップ・レベル・ドメイン (gTLD)
実際の活動地域に関係なくすべての組織に対して開かれているTLD。
Generic Top Level Domain
.com
.net
.org
:商業的ビジネスまたは企業 (Commercial)
:データ・ネットワーク活用を強調する組織 (Network)
:非営利適活動をする組織 (Organization)


米国機関のトップ・レベル・ドメイン
.gov
.mil
.edu
:米国政府機関 (Government)
:米国軍関係機関 (Military)
:米国教育機関 (Education)


国際トップ・レベル・ドメイン (iTLD)
国際的な政府間組織が利用する。
International Top Level Domain
.int :国際組織 (International)


国別トップ・レベル・ドメイン (nTLD、ccTLD)
ISO3166という国際的規格で示された2文字のコード。一部、不整合がある。(uk、us等)
National Top Level Domain     ( カントリーコード一覧表 )
.jp
.fr
.uk
.kr
.hk
.us
:日本 (Japan)
:フランス (France)
:イギリス (United Kingdom)
:韓国 (Korea)
:香港 (Hong kong)
:アメリカ (United States of America)


新しく公開された一般トップレベルドメイン
.firm
.shop
.web
.arts
.rec
.info
.nom
:ビジネスまたは企業
:購買できる商品を提供するビジネス
:WWWに関連する活動を強調する組織
:文化的及び娯楽的な活動を強調する組織
:レクリエーションまたは娯楽的な活動を強調する組織
:情報サービスを提供する組織
:個別のまたは個人の名称を希望するもの